スポンサーリンク

キャベツは存亡の危機

毎日畑に顔を出している私。だけど耕作面積が少ないので、大したものは出来てません。

冬野菜として9月に植えたのはキャベツ・ブロッコリー・大根・白菜・ニンニクの5種類。それに現在収穫しているネギ・サニーレタス・オクラ・人参の4種類を加えて計9種類が植わっています。

人参は成長不良で小さなものしか出来ておらず。追肥が足りなかったのか虫にやられたのか。サニーレタスとオクラはそろそろ収穫が終了してお役御免となります。

新しく植えたキャベツとブロッコリーは虫にやられて葉っぱが虫食いだらけ。種から植えたキャベツに至っては成長が著しく遅くて葉っぱが巻く可能性は限りなく低いな。

害虫の存在を軽視し過ぎたな。もっと葉っぱの裏をしっかり確認して早めに害虫駆除をしておくべきでした。キャベツの種は8月末に植えたのだけど、それだと成長が遅れてダメだな。来年は8月初旬から種を植えるか、苗から買った方が利口だな。

今年は初心者なので植えた野菜は全てダメになっても構わないと思っているので、経験の蓄積だけ出来るようにメモしておきます。まずはやってみないとね。

今月は玉ねぎ・サニーレタスを新たに植える予定。畑が小さいので全て少しずつ植えています。何年かして上手に出来るようになったらもう少し耕作面積広げたいな。それまで練習として今の畑で楽しみます♪

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事