鍼灸院の大掃除中。押し入れの中身を半分にするのだ
スポンサーリンク

鍼灸院の大掃除中

先週から一気に客足が戻ってきて、今週も忙しくさせて頂きました。おまけに院内の大掃除を断行中で、院内にある物を半分にしようと計画中。開業して11年も経つと必要かどうか不透明なものがドンドン増えてくるのですよ。

押し入れのケースを一つ一つ開けながら、選別作業中。これが本当に大変なのです。要るか要らないかを悩んだ末に置いてある物ばかりなので、捨てる決断をするのが難しいものばかりなのです。

それでも1DKの狭いアパートの一室、置ける量には限りがあります。捨てる選択をせねば物は減らないので、バンバン捨てていくしかないのだ。

特に本はかさばるので捨てなくてはならないのだけど、本好きの私としては本を捨てるのが本当に苦手。頭を悩ませながら手放す本を選んでいます。しんどい作業だけど、これは絶対やっておかなくては。

4月の11周年までには何とかします。

風呂場を物置にする計画は中止します

押し入れは自分たちで何とかなるとして、問題はお風呂場。

開業当初は鍼灸院が継続していけるかどうか分からないので、開業資金を極力抑えて始めました。その関係でお風呂場はそのままの状態で、物置となっていました。

今回鍼灸院を綺麗にする一環として、風呂場の浴槽を取り払って完全に物置にする案が浮上。業者さんに連絡を取って見積もりを取ってもらっていたのだけど、提示されていた金額の2倍以上の見積もりが来たので取り止めにしました。

そんなお金があったらお客さんを喜ばせる企画を考えた方がよほど有意義です。先ほど嫁さんと話し合い、風呂場の荷物も一旦全部取り出して、大掃除することに決定。未だ確定申告が終わっていないので、確定申告が終わったら風呂場の掃除も始めます。

既にシンク周りの掃除は終わっているので、4月1日の開業11周年までには何とかなるかも。3月末には沖縄旅行もあるので、ひょっとしたら4月にずれ込むかもしれませんが、なるべく早く取り掛かります。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事