読書感想文

Pocket
LINEで送る

ゆき
娘の読書感想文が終わらない。絶望的に終わらない。
本を読み始めたのは数日前。
昨日は朝の10時から午後5時まで自宅に缶詰にして
どちらかの親が付きっきりで感想文に付き合ったものの、
原稿用紙3枚中2枚で鼻血を出して中止(殴った訳じゃありません)
本日も朝から仕切り直し。
表面だけしか読んでないのだから自分で感想を述べることが
出来るはずも無く。ひたすら大事な個所を音読させるも頭には入っておらず。
親が諦めて感想を言ってくれることをただ待つだけの娘。
こちらも意地になってやってます。オレも若い頃はあらすじだけ書いて
お茶を濁していた気もするけど、ここまで酷かったかなと述懐する時間を
過ごしております。
今日は私は仕事なので、嫁さんが読書感想文の付き添い役をやる予定。
昼までに終われば解放して遊びに連れ出してあげるのだけど、この調子じゃ
今夜まで掛かりそうだな。
娘よ、あなたの両親は甘くは無いぞ。
読書感想文完成させるまで、逃しはしないからな!
ゆうこん堂鍼灸院HP

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です