読書に実が入らない

年間300冊から400冊は本を読む私ですが、最近全然活字が頭の中に入って来ません。

同じことが豪雨災害後にもあって、ボランティアにずっと精を出していて、仕事復帰してからの3か月間全く活字が読めなくなりました。

その時には3か月で2冊くらいしか本が読めませんでした。

今はそこまで重症では無いけども、読み始めて15分くらいで他の事がしたくなるのです。これ、重症!

コロナコロナで頭がそっちの方に引っ張られているのですかね。

コロナが収束しない事にはどうしても仕事に影響が出てしまうので、つい考えてしまいます。

私に出来る事は出歩かない事と手洗い・うがいぐらい。

鍼灸では免疫力を上げる事で少しはお役に立てるかもしれませんが、それを大声で謳えばただの売名行為になりますしね。

読書が出来ないと、後は安全な山の中で畑仕事をするかタケノコ掘りをするしか選択肢が無いのよ。

うちの息子に頼めばゲームの相手はしてくれるだろうけど、せっかくの仕事時間は仕事もしていたいしね。

コロナ終息の後にお客さんに戻って来て貰えるように、やっておく事もあります。

とりあえず精神状態を落ち着かせて、本が読める脳みそに戻します。

図書館利用できないので、手持ちの本を読み直すことにします♬

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事