稲こき終了!一年分のお米を確保しました

投稿者: | 2012年10月21日
Pocket
LINEで送る

はぜ
 本日は朝から「稲こき」日和。
天日干ししていた稲を降ろし、脱穀していきます。
二人
 興奮する子供たち。
落ち穂を拾ってくれましたが、ほぼ邪魔してるだけです。
シホ仕事中
 本日大活躍の嫁さん。
じいちゃんとタッグを組んで延々と稲をハーベスター(脱穀機)に降ろす作業をしてくれました。
二歩媚
 私は一表30kgの籾袋×2をひたすら蔵に運搬する係り。
地味ですが、かなりキツいです。
 脱穀自体は2時間余りで終了!
ハーベスターが自力で動いてくれるので、最近はあっという間に終わります。
 これで家族が一年間食べることが出来る美味しいお米が収穫出来ました。
うちは精米機も自宅にあるので、精米仕立てのお米が食べられるのが非常にありがたいです。
 
 子供たちも楽しそうに遊んでくれたので満足です。
明日からまた仕事頑張るぞ!
 ゆうこん堂鍼灸院HP
 
 
ゆうこん堂鍼灸院の現場から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です