献血からのランチ

水曜定休日。

本日は久々の献血へ。3か月足が遠のいてました。

わざわざ市街地に出るのはリスキーな状態でしたからね。

事前予約の上、10時半に到着。成分献血なので滞在時間は1時間でした。

いつもはジュース飲み放題とセブンティーンアイスを1個貰うのだけど、本日は「かんぱん・ふりかけ・キットカット」のセットを頂きました。

嬉しいけど、カバンが一杯になるのがね。

献血を終えてランチへ。オッサンになると定番の店しか行かなくなるので、初めてのお店に行くと決めてました。

看板でお店を選ぶ

幾つか下調べをして出掛けたのだけど、12時を回っていた事もあり、全て満員。

コロナを言い訳に出来ない状態になって来たな。人気店は既に動き始めているよ。

そこで目標を切り替え。

現在、店舗の看板を見て回るのが楽しみの一つになっています。

どんな工夫がされているか、どんな看板が目立つのか。

流川の看板を見ると必死さが伝わってきて面白い。

派手な看板は沢山あるけど、そんな店舗に入りたいとは思わないのよ。

暗くなればネオン看板は効力を発揮するだろうけど、日中だとシンプルな看板が目を引きます。

本日気になった看板が3つほどあったけど、その中で空いていたお店に入ってみました。

中区中町にある「とくみ鮨」さん。

看板は至ってシンプル。ショーウィンドウも値段表も無し。

 

非常にシンプルで情報はないのだけど、どことなく綺麗にしてある感じ。

こんな好立地で長くやっているのだから、旨くない筈がないと推測して入店。

中に入ってもメニュー表は無し。

大将のお任せ握りでした。そこはやっぱりハードル高いな。

それでも取られても5000円までだろうと思っていたので焦りはありませんでした。

握りは全9貫。お腹が一杯にはならないけども、オッサンはこのくらいで丁度よいのですよ。

お値段は税込み3300円。この値段でこれだけのお寿司が食べられるのなら、ええじゃないですか。

カウンターのみで大人数が入れないのも良点。

静かにサクッと寿司が食べられるなんて、素敵じゃありませんか。

貧乏なオジサン代表である私としては頻繁には行けないけども、また献血の帰りに寄りたいわ。

私の知らない良い店が世の中には沢山あるのだろうな。

次回も下調べはしつつも、看板を見て気になるお店に入ってみたいな。

市街地からちょっと離れた場所に良い店がありそうなのよ。

本日はしっかり楽しめました。また明日からお仕事頑張ります!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事