本屋さんはいつから万屋になってしまったのか

Pocket
LINEで送る

砂遊び

理想の本屋が見つからない


最近は図書館にばかり通っていて、本屋さんの存在を忘れかけている私です。

本屋さんに行かない理由は幾つかあって、勿論本を買う金銭的な余裕が無いことが大きな原因の一つ。それと近くの大手本屋さんが苦手っていうのも理由の一つです。

本屋さんでの醍醐味は、やはりずらっと陳列された本の山の中から、自分の欲しい本を探すことですよね。

本を並べるのにヘンテコなデコレーションも、売り上げランキングも必要ありません。必要最低限、作家さんをあいうえお順に並べてくれてればOK。後はこちらが一冊一冊じゅんぐりと眺めていくだけ。

まずは作家の名前を端から一つ一つ確認し、一番端まで行ったら今度はタイトルをまた一つ一つ確認して行く。何となく気になる本を手にとって、買おうか買うまいか熟考する。結局ほとんどの場合買わずに立ち読みして帰るだけなんだけど、その一見無意味な行為が生活に潤いを与える。本屋さんはそういう存在だと私は考えています。

それなのに、昨今の本屋さんはビデオもCDもゲームも売れるものは何でも売ってやれと言う商魂たっぷり。

本にはやたらとカラフルな色取りで説明文が書いてあり、「当店イチオシ!」だとか「あなたもこれで泣ける!」とか大きなお世話だと馬鹿馬鹿しくなってきてしまいます。

後、妙に忙しそうに早足で歩き回る店員。あんた、忙しさをアピールし過ぎ。本屋の店員さんはゆったりと構えとかなくちゃ。

久しぶりに本屋に行った本日、やっぱりここは私の知る本屋じゃないや っと冷めまくって帰途についた次第であります。私の好きな本屋さん、どこかに残ってないかなぁ。。

ゆうこん堂鍼灸院HP

【本日のトレーニング】
jog:1時間01分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です