心房細動手術後のケアに全力を傾けた1年でした

投稿者: | 2016年12月9日
Pocket
LINEで送る

心房細動手術は術後のケアが大事

心房細動の手術から約11か月。平常時心拍数73、やっと心臓との付き合い方に慣れてきた感じ。手術をしたらすぐにランニングが出来るのかと思っていたけど、安定するまでに随分と時間が掛かりますね。

刺激物食べただけで心拍が上がったり、急に走り出すと一気に心拍が上がるのでお爺ちゃんになった気分です。

主治医から

「心房細動は心臓の老化です」

とはっきりと言われたのだけど、中々その言葉が受け入れられずにいました。

でもこうして付き合ってみて、私の心臓は老人並みに優しく扱ってやらないといけないのだなと感じています。趣味のランニングは続けたいので、細く長く走れるようにちょっとずつ体づくりをしていくつもり。これからランニングネタも増やして行きます!

昼休憩中にランニング。今日から当分の間は心拍計を付けて厳密に心拍管理するつもり。

坂道もインターバルトレーニングもダッシュも当分無し。ってかそんなトレーニング今のオレには必要なし。今のトレーニングは頑張らずに走ること。毎日なんて走れません。

心拍を確認しながら走ると、キロ7分半前後で心拍130前後。このくらいのスピードが今の私の心臓には丁度よいスピードのようです。キロ7分10秒くらいになると心拍が一気に140に近づいててくるし、8分だとゆっくり過ぎる。心拍130で走ることが出来るスピードと距離で当分は練習して行くつもり。

宮島クロカンで無理をしましたからね。実力以上のスピードを出して走ったのだから、当分は心臓を休憩させてあげないと。

週に3回のランニングを心掛けながら、心臓の調子が上がってくれば縄跳びと筋トレを再開する予定。無理は出来ないのでちょっとずつです。

心房細動は治ったけども、心臓はお爺ちゃん。このことを忘れずに心臓に優しく付き合っていきます。

ゆうこん堂鍼灸院HP

【本日のトレーニング】
ランニング  10.5㎞  心拍130をキープして
当分は キロ7分半ペースだぜ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です