実家の土嚢袋の撤去は完了、車も通れるようになりました

Pocket
LINEで送る

 

◆実家の土砂撤去作業に行ってきました

本日は朝6時から実家の土砂袋の撤去作業に行ってきました。昨日一日動いていないので身体は快調。一日休むだけでも随分と変わるもんだな。

うちの土砂袋だけでも150以上、ご近所のを合わせると400~500個ある土砂袋を一人で運ぶのは辛いなと思いながら行ったのだけど、同じ町内会の有志が集まってくれてみんなで一輪車で往復したので何とかなりました。こういう作業はやはり人数が大事ですね、一人で3人分の働きをしたところで、10人には勝てません。ボランティアもとにかく参加することが大事なのだと分かりました。これで実家が落ち着いたので、またボランティアにも参加したいと思います。

問題は暑さですよ。11時に作業が終わったのだけど、その間相当量のスポーツドリンクを飲んだのに、一度もトイレに行こうと思わなかったのは全て汗として流れたからでしょうね。各地でまだ土砂作業が続いていると思いますが、小まめに水分補給と休憩を入れながら作業して行きましょうね。

これで実家はとりあえず終了。後は土砂で汚れてしまったゴミを持って帰ってもらえればひと段落付きます。土砂のせいで集落全体が車も自転車も使えず孤立状態だったのだけど、それも本日解消されて車が通れるようになりました。まだうちから熊野へかけては復旧の目処が立っていませんが、とりあえず実家は復旧の目処が立ったので良かったです。

 

◆次は畑を何とかしないとね

日曜日に畑の草むしりだけはしたのだけど、全然手入れをしていなかったので野菜の収穫も出来ずにいました。本日はトマト・オクラ・人参・ねぎ・枝豆・ナスを収穫。どれも大きくなり過ぎて食べ頃とは言えないけども、立派に食べることは出来ます。

大雨のせいでダメになった野菜もありましたが、これは仕方が無いので畑の肥やしとなって頂きましょう。土砂が入ったり石垣が崩れたりと問題も多いけど、畑に関しては少しずつやっていきます。雨が降りすぎても困るし降らな過ぎても困るのが畑の厄介なところ。何事も適度なのが良いのだけど、それが中々難しいのですね。

 

◆ボランティアで疲れたら鍼灸院へ行こう!

実家は落ち着いてもまだまだ近所は土砂災害が続いています。少しでも時間を見つけてボランティアにも行ってみたいと思います。そう言えば本日、ボランティアで久々に身体を動かして、腰痛で動けなくなったお客さんがいらっしゃいました。

土砂をひたすら土嚢袋に詰めたり、その土嚢袋を運んだりは中々大変ですよね。腰痛になったり前腕がパンパンに張ったり肩こりになったり。そんな時には鍼灸がお役に立ちますよ。当院は痛みや痺れに特化した鍼灸施術を行っています。身体の疲れや不調にもお役に立てます、体の不調を感じたら当院にお電話をお願いします。

土砂災害による交通網の麻痺で予約が入らないので、たまには宣伝してみました。国道は復旧しつつあるのだけど、JRが復旧してくれないと車の絶対量が多くて渋滞が緩和されないな。早期復旧を強く希望します!