私が「安芸アルプス」という単語を聞いたのは最近なのですが、
意外と認知されているようですね。
 
 安芸アルプスは無名山(名前の付いていない山)を含む7つの山を
結ぶ縦走するコースとのこと。
 金     城      洞      無     原     鉾     坂
 ヶ  
 燈   →    →  所   →  名  →    →   取    →   
 籠
 山     山      山      山     山     山     山
 
531.9m   592.8m  641.4m    591m    672.2m   711.5m   499.8m
 広島の海に近いこの辺りには1000mを超えるような山はほとんど無く、
どれも低山ばかり。
 それでも7つの山を上ったり下りたりすれば、そこそこ体力もいるでしょう。
 前回の私は串掛林道を通って金ヶ燈籠山に入り、城山から新峠まで下って
そこから引き返して来ました。
 それでも自宅から約20㎞のコースが取れました。
エスケープルートも複数あるし、滑落するような場所も無いので
独りで走る私にとっては非常に嬉しいコース。
同じコースを何度も味わうのが好きなので、ここを練習場所として
いこうと心に決めています。
 ブログなどを見ると瀬野駅近くにある坂山から入って海田の金ヶ燈籠山から串掛林道経由で
三迫へ抜けるコースが主流のようです。
 一度は瀬野駅からのコースも行ってみたいけど、練習するなら自宅から走って
出て交通機関は使わず自宅に戻るってのが理想ですね。
 なので串掛林道経由でお山に向かい、体調や走ることのできる時間を見ながら
途中でUターンする練習になると思います。同じ道でも反対側から走るのでは景色も
高低差も全く違うものになりますからね。
 いつかこのコースを往復できるくらいの健脚になりたいなぁ。
ゆうこん堂鍼灸院HP

 
ゆうこん堂鍼灸院の現場から

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事