嫁さんが週に3回しか鍼灸院に居ない新体制で営業しています

Pocket
LINEで送る

 

 

◆家庭の主婦は大変なのね

最近は嫁さんがパートに出て居ないことがあるので、自宅の用事をすることが多くなっています。昼飯は当然自分の裁量で何とかしないといけないし、週に最低1回、出来れば2回は部屋の掃除もしています。洗い物や洗濯までは出来るのだけど、夕食の用意まで手が回っておらず。食事が出来れば格好良いのだろうけどな、夕食はこれからの課題です。

鍋物ならスープは市販のものがあるし、材料を切るだけなので何とかなりそうではあるのだけど、買い物が何より苦痛なのでスーパーに買い出しに行くのが嫌で仕方がありません。そんなこと言ってる場合じゃないのだけどね。

自宅と同じマンション内に仕事場がある好立地なので、時間を上手に使える私が動かねばならぬのは分かっています。食べることは大好きなのに、作るとなると毎食面倒ですね、3食献立を考えて料理を作る主婦はとてつもなくエライのだと思い知っています。昼だけでも考えるの面倒でパスタか蕎麦しか選択肢がない私とは大違いだわ。

そうだ、せめてカレーだけで作れるようになっておこう。材料は嫁さんと一緒に日曜日に買い出しに行けば何とかなるかな。

 

◆母親手作りのお花が飾ってあります

本日も午前中の空き時間に自宅の用事を済ませ、昼休憩にランニング。昨日走ったので止めとこうと思っていたのだけど、明日は雨で走れないだろうからエイヤっと走り出しました。時々雨降る中を9.5㎞ほどのんびりジョグ。走れるって幸せだな、このまま心臓に何事も無く走れることを祈っています。

昼休憩終わりに母親がやってきて、毎月1回習いに行って作ってくるお花を持ってきてくれました。ホロウィンがテーマだそうで、乾電池でかぼちゃが光る仕様。私は花には全く興味が無いのだけど、お客さんが喜んでくれるので助かっています。飾り気のない鍼灸院なので、華やかなものを持って来てもらえるとアクセントになって良いですね。

玄関を開けたら飾ってありますので、どうぞご覧になって良ければ母親を褒めてあげてください。お花も見向きもされないよりは、誰かに見てもらった方が本望でしょう。毎月1回持って来てくれるのですが、女性受けは良いです。男性はそこに何も存在しないような振る舞いで無視して帰るのですが、この違いは何なのでしょうか。大人になると男性は綺麗な花なんかには惹かれなくなるのかな。

せめて女性だけでも楽しんで帰ってもらえると嬉しいです。部屋も掃除はしているのですが、なにぶん10年間の蓄積でほころびが多いです。これも少しでも早く何とかする予定。物が多いので必要ないもの捨てないとね。ほとんど本ばかりなのだけどね。

嫁さんが週に3回しか鍼灸院に居なくなったので、新体制で挑んでいます。送迎・子連れ等は嫁さんがいる時をホームページの「お休み&お知らせ」ページで確認して来院するようお願いします。私自身が新体制に慣れていなくて大変ですが、当分は今の体制でやっていくので、応援をお願いします。