土砂も怖いけど渋滞も怖い、渋滞解消が災害復旧のカギとなる

投稿者: | 2018年8月1日
Pocket
LINEで送る

 

◆土砂も怖いけど渋滞も怖い

災害以降ピタッと止まっていた予約の電話も少しずつ鳴るようになってきて、安易にボランティアに行くのも難しくなってきました。長時間のボランティアは無理でも、少しでも時間の余裕を見つけて出かけたいと思います。

自然災害は避けて通ることが出来ませんが、今回の災害は人生初の大きな災害でした。広島は災害が少ないと言われる通りほとんど台風や地震の影響も受けたことが無かったので驚きました。当たり前のことですが、絶対大丈夫なんてことは無いのですよね。

大雨災害によって一番大変だったのは雨では無く、土砂です。うちの実家にも大量の土砂が流入しましたが、家を飲み込んだのも人を飲み込んだのも土砂でした。今も災害地には至る所に土嚢袋が置かれ、撤去されていない土砂が道横に置かれています。これが綺麗に無くなるのは何時になることやら。

土砂の次に大変だったのは渋滞ですね。今も混乱が続いていますが、渋滞はイライラするし無駄に疲れるしで日常生活に大きな影を落としています。当院にお客さんが来ないのも渋滞により時間が読めないからと言う理由が大きいでしょう。明日から呉線が坂町まで開通するようですが、JRの復旧と共に各地で寸断された道路の復旧も切に願います。

今朝、焼山から来院してくれた方は通常15分で来る片道を60分かけて来院されたと仰っていたので、まだ混乱は続きそうです。県道34号線は当分復旧は見込めないだろうし、まだ混乱は続きそうですね。

早く通常の暮らしがしたいのは皆同じ。ここは我慢するしかありませんね、私もボランティアを継続しながら復旧のお手伝いをして行きたいと思っています。

 

◆疲れが溜まってるのね

昨日は夕方から弟が回してくれたアルバイトに(弟は石屋を経営しています)。20時半に帰宅して早々に就寝。しかし慣れない仕事をしたからなのか夜中2時に目が覚めて、そこから起きて録画した映画を観てました。5時半に自宅を出発して6時から実家の畑と墓所の草刈り。

新しく購入した草刈り機はパワーもあって切れ味も良く快適、やっぱガソリン燃料の4気筒が農家には最適だね。途中アブの大群に身体中を刺されるアクシデントはあったものの無事に2か所の草刈りは終了。そこから速攻で帰宅して鍼灸院にて施術。最近自分が鍼灸師なのか野外作業者なのか分からなくなってきましたが、お仕事はちゃんとしています。

お昼ご飯を食べたあたりからモーレツな眠気が。通常は15分間目をつむれば回復するのだけど、本日はいつまでも気だるさと眠気が収まらず。結局2時間寝てしまいました。息子が友達連れて帰ってこなかったらあのままずっと寝てたな。身体は丈夫な方だと思っていたけど、やっぱり疲れが溜まってるのだな。

昼寝から覚めても身体のダルさは収まらず。結局グダグダしている内に時間は過ぎて夕方になってから何とか持ち直して仕事しています。自宅と仕事場が同じマンション内にあるオレでさえこんなに疲れているのだから、通勤に何時間もかけて毎日出掛けている多くのサラリーマンの方は本当に大変だろうな。

明日は一日大人しくして仕事と子供たちの宿題を見る予定。明日から嫁さんがパートに出てくれることになったので、昼ご飯はオレが用意しないとね。開業して10年経過してから嫁さんにパートに出て貰うことになるとは思っても見ませんでした。沢山働いて稼いできてね!

今週末は八幡川リバーマラソンがあります。嫁さんと子供たちは出場予定、オレはボランティアに行くか応援に行くか身体を休めるかの3択で迷っています。月曜日は仕事をお休みにして弟が回してくれたアルバイトに行ってくる予定、身体を休めるのが一番かな。