土曜日に施術の間隙を縫ってジビエ料理を堪能して来た

Pocket
LINEで送る

◆1本のメールから全ては始まった

土曜日はいつも朝から大忙し。なんだけど、本日は11時から空きあり。さて嫁さんも居ることだし、内勤作業をしようかと思っていた矢先1本のメールが。

曰く、ジビエ猟師の横田さんのジビエが今なら食べられる店があるぞと。

去年からずっと私がジビエ横田のジビエ料理を食べてみたいと言っていたので、友人が声を掛けてくれたのです。

早速予約の電話をしてみると、今からなら行けるとの回答。時は11時20分。14時からは午後の仕事が始まってしまう。間に合うのか?とは思ったものの誘惑抑えきれず。そのまま予約を取って、急ぎランチに向かいました。

嫁さんは化粧ゼロ。予定が変わったのでかなり慌てたようですが、付いてきてくれました。うちの嫁さんどこに行くのもノーメークだけど、これって大丈夫なのかしら。

場所は東白島のイタリアンの雄、ポリポさん。11時50分に到着、メニューはシンプルに前菜・ピザ・そしてジビエ(イノシシ肉)

慌ただしい事この上ないですが、メニュー見て吟味しているヒマも無いので即決でした。




◆ジビエを味わう

前菜はガッツリと盛り合わせ。オレは小食なので普段ならこれだけで昼飯済んじゃいます(写真は2人前)

どれも美味しいわ。本当はワインかシャンパンでも飲みたいのだけど、2時間後には仕事が始まる。我慢しないと。

そしてピザ

ボリューム満点。これで1人前なのだけど、私と嫁さん2人でも食べきれなかった。うちは身体に反比例して嫁さんの方がよく食べます。そんだけ食べて何故に身体に肉が付かないのか不思議。

そして問題のジビエ料理

全く臭みがない。そして脂身から旨味が出る。イノシシ肉ってこんなに旨いんだ。お値段2900円。ジビエは高いと刷り込まれて来たので、何だか安い気がする。

私は庶民なので、こんな料理滅多に食べられませんけどね。肉だけはほとんど私1人で食べきりました。滅多に食べられないので贅沢させてもらいました。

ジビエ横田の処理技術が高いのか、ポリポの料理長さんの腕が良いのかは分かりませんが、美味しいジビエを堪能させてもらいました。

情報提供者のIさんありがとうございました。ある筋のYさんに連絡した所、次は1か月後にスペランツァにジビエを入れる予定なので、今度はそこに食いに行けとの指令でした。

庶民が行けるような店じゃないので、今度は嫁さん置いて私一人で食べに行く予定。お小遣い残しとかないと当分ピンチが続きそうだな。

財布の中身を気にせずに美味しい料理を食べに行ける身分になりたい!と心底思いながら、午後からのお仕事に戻りました。

1/14(祝)はお仕事お休みです

ここ2年間は祝日も営業日として門戸を開いていたのだけど、閑散期はお休みにしても良いじゃないかと嫁さんと話していました。

今月14日は娘のビーチボールバレーの最後の大会もあるので、観戦するためにお休みすることにしました。何件か予約の依頼はあったのだけど、他の日に振り替えてもらい、お休みとさせて頂きます。

日曜日以外はほぼ休まず営業しているので、たまにはええでしょう。5月の10連休は開ける予定なので、今回は休ませて下さい。

しっかり応援して来ますね♪