呉市苗代町の沖縄料理「はいむるぶし」に行って来た

投稿者: | 2018年2月11日
Pocket
LINEで送る

 

微熱があっても図書館だけは行っておかねば

本日も寒い朝、微熱があって何もする気が起きないけども、図書館だけには行っておかねば読む本が無い。徒歩で往復60分の道のりをウォーキング。

10冊ほど予約をしていた本が届いていたので、これで1週間は本に困ることは無いわ。午前中は図書館往復で終了。それにしても寒い!布団でゴロゴロしてたいけども、餓鬼共がゴロゴロしてるので何だか落ち着かないわ。

結局仕事場で本を読んで過ごす怠惰な週末。もっと有意義な一日の過ごし方は無いものだろうかと考えて、少し前に見つけた呉市苗代町にある沖縄料理の店に子供たちを誘ってみました。

本当は春休みに沖縄旅行に行くはずだったのだけど、経済的事情から今年は断念。楽しみにしていた娘に申し訳ないので、せめて沖縄料理を食べに行きたいと思っていたのです。市街地には何軒か沖縄料理の店があるのだけど、客寄せの為に沖縄演出してる感が強くて敬遠してました。

苗代にある沖縄料理のお店は本当に辺鄙な場所にあるのだけど、長いこと続いているようなので興味あり。場所の悪さをカバーする何かがあるかもと期待して行きました。

 

 

沖縄料理「はいむるぶし」

これでもかって言うくらい田舎の田んぼの中に1軒だけある沖縄料理店。よくぞここでお店をやろうと思ったよな。ブログは2005年に更新されているから、少なくとも13年は営業している事になります。

バイキング形式で大人900円、小学生600円とリーズナブル。品数は少ないかなと事前予想してましたが、果物やお菓子もあわせて30種類以上の料理が並んでました。取り放題の食べ放題なので、子供たちは当然大興奮。

私も最近朝食を味噌汁だけにしてるので、久しぶりにお腹に入るだけ食べました。沖縄の民家で食べられているような素朴な料理ばかりで私は好きだな、こういうの。

 

 

食事を終えてもアイスクリームあり、サータアンダギーあり、ドーナツありでお腹も膨らみます。コーレグースもお手製で置いてありましたよ。たっぷり1時間食べまくってお会計は4人で3000円。満足度はかなり高いです。

 

 

夜もやっているらしいけど、泡盛飲みたいからちょっと難しいな。嫁さんもビール飲みたいだろうし。お酒は飲めないけども、沖縄料理は食べたいって方がいたら一緒に行きましょう!

 

帰りは当然ランニング

お腹いっぱいになった後は、当然ランニングして帰るでしょ。微熱は気になったけど、食べた分だけ消費しないと。明らかに氷点下の寒空の中を、一人ランニング。標高400mの雪降る中、風が冷たくて凍えそうでした。

でも足を動かさないとお家まで帰れないので、何とか走り切りました。串掛林道で下りを飛ばしてふくらはぎがパンパン。走るための筋肉が減っているのですぐに筋肉痛になりますね。本日は13㎞走れたのでOK、段々調子ががって来たぜ!

夕方になっても全然お腹が空いてこない、昼間食べ過ぎたな。バイキングは色々選べて楽しいけども、量を食べてしまうのが難点だ。子供たちはサータアンダギーだけで5個食べてたけど、さっき間食してたわ。子供の胃袋、恐るべしだわ。