八朔を収穫して来ました

11月から色づき始めた八朔(はっさく)を収穫して来ました。

1本の樹から70個ほど収穫出来ました。本来は摘果(間引き)して採れる量を調整するのだけど、今回は全く無知であった為に摘果もしてなければ栄養もあげておらず。

なので美味しいかどうかは全くの未知。来年は甘みの多い実がなるように、来年3月くらいから剪定に入ります。とりあえず収穫したものは追熟(収穫した後に保存して熟させること)しないといけません。

実家の納屋にでも置いておき、1ヶ月ほど追熟を待ちたいと思います。今年はキウイも甘みが無かったしフェイジョアも半分以上捨ててしまったな。全く手入れをしていないのだから、それも仕方が無いか。

来年からは果樹を楽しめるように、手入れをしてあげないと。八朔も全く期待していませんが、とりあえず追熟を待ちたいと思います。

 

 

 

 

 

野菜にも肥料をやらないと大きく育たないように、果実も栄養が必要なのですね。放っておけば勝手に美味しい実が生ると勘違いしてました。来年からが楽しみだわ♪

野菜も土を休ませながら育てます

野菜作りも楽しくなってくると、空いている土地が勿体無くなってきて、ついつい種を植えてしまいます。

しかし土も休ませてあげないと栄養のある大きな野菜は採れなくなってしまいます。冬の時期は作れる野菜にも限りがあるので、空いた土地はしっかり休ませて栄養を与えてやります。

そうする事でまた来年も美味しい野菜が出来る事でしょう。まだ右も左も分かりませんが、少しずつ畑仕事も覚えて行きます。明日は無花果の剪定作業でもしようかな。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事