仕事と家事と子供の相手に追われた一日でした

Pocket
LINEで送る

◆掃除から始まる一日

嫁さんがパートに行くようになってから、週に3回の掃除は私の仕事になりました。全ての部屋の掃除機掛けと拭き掃除、洗濯ものの片づけと洗濯物を干すところまでは自分の仕事だと認識しています。

本日も予約の時間までに全てを終わらせて仕事場に向かいたいと考えていたのだけど、子供たちが中々起きてこずにイライラが募る。

本日は資源ゴミを出す日だったので余計に時間が無く、子供たちがご飯を食べ終わったタイミングで強制的に掃除を手伝わせ、何とか予約の時間に間に合わせる。

子供たちが家に居るので通常よりも汚れるのが早いのですよ。子供たちに掃除をお願いしたところで大して綺麗にならないので、私がやるしか無いのです。汚れた部屋で過ごすの本当嫌い!

◆仕事して子供の相手してまた仕事して

午前中の仕事を済ませたら自宅に戻り、昼食の世話。と言ってもパスタ一択なので強制的にパスタを食べて貰う。

その後は子供たちの勉強の答え合わせ。間違っている問題を一緒にやってお勉強。自分たちだけだとすぐにサボるので、一緒に勉強見てやるのだ。

それからお姉ちゃんのバレーボールの練習に一緒に公園へ。中学校に入ったらボレーボール部に入るのだそうで、今から4号球で練習中。クソ寒い中を一緒にボールを追いました。

それからまたすぐに仕事場へ。ずっと予約が続いているので対応に大忙し。嫁さんいないので、何から何までやらねばならず大変なのです。

そして19時で仕事が終わったので、ブログ書いてから自宅に戻ります。もう何も考えたくないので、早めに寝ます。後2日間、身体がもつかしら。

まだ少し空きがあります。お時間のある方はいらして下さい。