ターゲットを絞り込め

Pocket
LINEで送る

 ターゲットを絞り込め

「ターゲットを絞り込め」

このことは以前から良く言われているし、実践している方も多いでしょう。

万人に受けるものを創るのは難しい。人それぞれ性格も年齢も収入も違っているのだから、それぞれニーズが違っていて当たり前。

だから自分がターゲットにすべく顧客を絞り込み、その人にあった店作りなり商品作りをしていく。

我が治療院にも一応狙っている顧客層はあります。実費治療を行っているので、保険点数で商売している治療院とは価格競争では絶対に勝てない。

安易な価格競争で値段を下げることは簡単だが、それではサービスが低下してしまう。だから当院は時間をかけ、一人ひとり丁寧に診ることで他院とは差別化を図っているつもり。

夫婦でやっていることを強調して、女性でも安心して来院出来る空気作りにも心がけている。他にもいろいろあるが、それまた別のお話(王様のレストラン風)。

今日言いたいのはうちの治療院の事では無い。

毎朝気になるある番組のこと。

娘は朝の教育テレビの子供向け番組を非常に楽しく見ています。さすがに何十年にも渡って子供たちを楽しませているだけあり、2歳児のハートをがっちり掴んでいる。

この時間は親がどんなに呼んでもテレビから30cmの場所から離れようとしない。「おかあさんといっしょ」なんぞやっている間は呼びかけに振り向くことさえ無い。

唯一の番組を除いては。。

毎朝8時からやっている「にほんごであそぼ

四字熟語は時々私でも分からないような難解なものが出てくるし、いきなり三味線に合わせて謡い出すオジサンはいるし、極めつけは野村萬斎の狂言。

ターゲットになる筈の我が娘、この方の狂言が始まると

「こわいぃ~、こわいからぁ~」

と部屋中を逃げ惑う。

確かに私から見ても朝の爽やかな時間帯にこの踊りはブ・キ・ミ。

小学校2年生の姪に

「この番組面白い?」

と直球の質問をぶつけてみると

 「出演している人は面白いんじゃないの」

と見事な答えが返って来た。

NHKさん、この番組のターゲット層を教えてください。

ゆうこん堂鍼灸院HP

【本日のトレーニング】
jog:26分
途中で足に違和感を感じ、途中リタイア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です