じゃがいも収穫

Pocket
LINEで送る

 本日早朝ランのついでに自宅に寄ると、じゃがいもの収穫をしたいから
手伝って欲しいとの親父からの依頼。
 そのまま畑に行って収穫を始めてから気付いたのだけれど、畑は蚊の住処。
半袖短パンの私は、蚊からしてみればご馳走が歩いているようなもの。
身体一面を覆うような蚊の襲撃に恐れをなした私は早々に退散。
 午前の仕事を終え、今度は蚊なんぞに負けるまいと完全重装備。
長袖長ズボン軍手に長靴、首にはタオルを巻いて再出陣。
 疲れたおれ
   ↑      ↑       ↑
 既に疲労困憊の私。畑仕事を舐めちゃいけません。
 スコップでわしわしと土を掘り起こし、じゃがいも(メークイーン)を
掘り当てていきます。じゃがいもがどこに埋まっているのか想像しながら
掘らないと、じゃがいもさんに傷が付いてしまいます。
 東京人の嫁さんは全く土をイジッた事がありませんが、色々経験するのは
好きなので手伝ってくれました。
 シホのスコップ
 わずか1時間半の畑仕事でしたが、いい汗かいたわ。
少しずつ経験を踏んで、私もいつかは畑仕事をしてみたいのですが、
今のところ自分の遊ぶ時間の確保で精一杯かな。
 
 テントウムシ
 いつも室内で鍼打ってばかりいるので、目新しい事をしていかないと
すぐに脳みそが干からびてしまいます。こういう申し出はどんどん受け付けますよ。
親父さん、いつでも言って来なさい。時給5000円で承りますよ♪(嘘です、お金は受け取ってませんからね)
 嫁さんが取れたてのじゃがいもで肉じゃがとカレーを作ると言っていたので、
楽しみにしておきたいと思います。
ゆうこん堂鍼灸院HP

 
ゆうこん堂鍼灸院の現場から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です