おでん作りに3時間掛かりました

水曜定休日。

朝から徒歩で本通りまで献血へ。

昼飯食べてまた徒歩で帰宅しようと思っていたけど、雨なので広島駅から海田市駅までワープ。

自宅まで歩いたので、合計16㎞歩きました。雨だし、こんなものか。

帰りにカルディでザーサイを購入したのが本日の収穫。カルディのザーサイ、安くて本当に美味しいのよ。これ知らない人、損するよ。

帰りに買い物を済ませて15時帰宅。さあ、「おでん」を作りましょう。

レシピは昨日探してありました。

・プロが教える 究極のおでんレシピ。具は「煮すぎない」ことが大切!関東風おでん出汁(だし)の作り方

・栗原はるみ「牛すじ肉と大根のおでん」

この2つを参考に、実践してみました。

使用した大根は私が昨日収穫して来たもの、ジャガイモは去年収穫したものを取っておいたもの。

まず驚いたのが、牛すじ肉の下処理。2分間茹でて水洗いを合計2回、そしてその後生姜とネギを入れて90分間煮込むですって。

牛すじ肉だけで2時間近く下処理に時間掛かるって凄いな。

加えて大根もジャガイモもコンニャクも煮込んで、揚げ物も茹でて、としてたら下処理に2時間掛かりました。

そこから昆布と鰹節で出汁取って、材料煮込んでたら完成に3時間を要しましたよ。

嫁さんは忙しいので時短レシピを極めようとしているのだけど、私は休みが一日使えるので時間を掛けたスローレシピを極めましょう!

まだ食べていないけど、どんな味になったか楽しみです。

先ほど嫁さんがパートから帰って来たので味見をして貰ったのだけど、一応合格点を貰いました。

嫁さんが喜んでくれたので、良しとしましょう。女性は1品にこんなに時間を掛けないだろうから、こういうのを男飯と呼ぶのでしょうね。

おでんは面白いな。それ以上に下処理に時間が掛かる牛すじ肉が面白いわ。

昔読んだ本で、牛すじ肉は安い肉で良いからしっかり下処理をしてやれば旨くなると書いてありました。

今度は牛すじ肉をメインの料理を作ってみたいな。

料理って面白いな。今日も充実した一日となりました。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事